怠惰の底なし沼に
どつぷり首まで浸かつてしまい
 僕は 何処にもいけません